■ 日時 : 2014年6月20日(金) 18:30 から20:30 まで (受付は18:00 から)
■ テーマ: 『モラル・ハラスメントとコーチング』
■ 講 師:  吉武 ひでみ
■ 参加費 : 会員・非会員 500円(おつりがないようにご協力ください。)
■ 支部入会のご案内:
新規に入会をご希望の方/前期から継続して会員登録をご希望の方は、HP『入会のご案内』より会員申込み手続きを別途お願いいたします。また、当日受付でも承っています。年会費(2013年10月から2014年9月まで)は3,000円です。ただし、4月以降のご入会の場合は、年会費1,500円となっています。
■ お持ちいただくもの : 参加費、筆記用具
■ 会場 :ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
〒812-0027 福岡市博多区下川端町3番1号 博多リバレインオフィス10階

【内容】
「言葉や態度によって、巧妙に人の心を傷つける精神的な暴力=モラル・ハラスメント」をご存じですか? 2002年にフランスでは法律で犯罪として罰せられるようになったモラハラはただの「いじめ」や「嫌がらせ」なのでしょうか?

今回は、企業経営と個人の心と能力に多大なダメージを与える、「職場のモラル・ハラスメント」に焦点を絞り、モラル・ハラスメントとは何か? どのような問題があるのか? 現在、日本ではどのような取り組みがされているのか? そして、モラル・ハラスメントからの脱出方法を講師自身の経験を踏まえつつ、理解と行動の第一歩となるものを伝えることを目指します。

【対象者】
●企業のハラスメント対策に関する業務に携わっている方

●高離職率の原因を探している方

●カウンセラー・コーチなど支援職の方

●キャリアカウンセラーなど再就職支援に携わる方

●同僚・上司・後輩の些細な言動がつらい方、つらく感じた方

●職場の人間関係が原因で退職を考えている方

【講座の狙い】
●モラル・ハラスメントという暴力の存在について知る

●モラル・ハラスメントによりどのような損害が企業にもたらされるか知る

●モラル・ハラスメント被害者への対応を知る

●現在、自分に起こっていることがモラル・ハラスメントではないかという視点を持つ

●現在、モラル・ハラスメントを受けている自分のため、何ができるかを知る

●過去、自分に起こったことがモラル・ハラスメントだったのかを検証する

●過去に受けたモラル・ハラスメントが、現在の自分にどのようなトラウマを残しているかを知る

●モラル・ハラスメントを受けた時、過去に受けたモラル・ハラスメントを思い出し、心身に不調・異常が出た時の対処方法について知る

 

【吉武講師からのメッセージ】
「セクハラ」や「パワハラ」という言葉が聞かれるようになる前のことを覚えていらっしゃいますか? 「つらいと思う方が弱い」「される方が悪い」「未熟だ」と、される側の問題となっていました。同じ言動が、今は、「暴力」と認識されています。

同じ構造で、まだ認識されていない暴力があります。それが、モラル・ハラスメントです。被害者は、「その程度のことで、気にしすぎだよ」「そんなこと、よくあるって」と言われ、「この程度のことで、つらいと思う自分がおかしいんだ…、弱いんだ…、ダメなんだ…」と、自分を責め続けています。

心の状態によって、同じ人の能力は10倍違うといいます。社内の「できない人」はできない状態になっているだけかもしれません。あなたは「できない人」ではなく、できない状態になっているだけかもしれません。できない状態で転職するから、「できない人」になり、職場にいづらくなるのかもしれません。

今いる人が10倍の能力を発揮するようになったら…。職場で安心して過ごせるようになり、活き活きと生きることができるようになったら、家庭や社会は…。まずは、存在を知ること。そこから始めましょう。

【講師プロフィール】
吉武 ひでみ(よしたけ ひでみ)
短大・専門学校にて10数年教壇に立つ傍ら、学生相談の際に有効と思い、Coach21にてコーチングを学び資格を取得。講義においてもコーチングを導入したところ、同テキストの習得期間が半分以下に短縮されるようになり、ティーチングにおけるコーチングの有効性を実感。「ティーチングのためのコーチング」のセミナー開催と1to1コーチングを開始。
現在は、自身の経験から、新たに「職場におけるモラル・ハラスメント」セミナーを構築中。日本コーチ協会福岡支部 第7・8期 理事。企業研修、ラジオ出演もある。