■ 日時 : 2014年1月26日(日)  13:30 から16:30 まで(受付は13:00 から)
■ テーマ: 『感謝力アップコーチング 「ありがとう」が自然に言える感性の磨き方』
■ 講 師:  温品 富美子(ぬくしな ふみこ)
■ 参加費 : 支部会員:1,000円、非会員:2,000円 (おつりがでないようご協力ください。)
11月から新しい期が始まっています。新規会員/継続会員としてご登録をご希望の方は、
HP『入会のご案内』より会員申込み手続きを別途お願いいたします。(年会費は、3,000円です。)
■ お持ちいただくもの : 参加費、筆記用具
■ 会場 :ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
〒812-0027 福岡市博多区下川端町3番1号 博多リバレインオフィス10階

—-勉強会の成果を共有するための試み——
■ プチ懇親会:勉強会後近くのカフェでプチ懇親会(1時間程度)を行います。参加費は各自で注文するドリンク代です。

 

【講師より】
誰かにしてもらった事が嬉しくて「ありがとう」と言う。
自分がしたことを相手が喜んでくれると嬉しくて「こちらこそありがとう」と言う。

この「お互い様」の双方向コミュニケーションが日常的に実践できるように「感謝の心」を育むのが感謝力アップコーチングです。
感謝力は、「感謝しなければいけない」と頭で考えている状態ではなく、「ありがたい」「嬉しい」という感情が自然に内面から沸きあがってくることに気づき、言葉や体で表現する力です。
この感謝力を高めるには、自分自身がどのような時に「嬉しい」「ありがたい」と感じるかを知ることから始めます。
親切にしてくれた方のこと/成功した事例は真っ先に思い浮かぶでしょう。
しかし、良かったことに対し「嬉しい」と感じるだけが感謝力ではありません。

病気になって健康のありがたさに気づく。
災難を通して、家族・友人の大切さを実感する。
思いがけない困難やどうしても乗り越えられない壁にぶつかったことで、次の新たなステップに進めた。

というように、その時は不幸だと思う出来事が、後の自分自身を形成する大きなきっかけになっていることに気づき、「ありがたい」と感じる力も感謝力と言えます。

また感謝の対象は、人・出来事だけではなく、身の回りの物や、寒い日の太陽の日差しの温かさ等の環境も含まれます。

自分自身の感謝の感じ方を知るだけでなく、他の方の別視点をプラスし「感謝」のバリエーションを増やし、「ありがたいこと」に今まで以上に気付ける感性を磨きます。

多くの「ありがたい」状態に気づき、自然に感謝の気持ちを伝えることができると、相手はあなたから承認を受けたと感じ、信頼し合う関係が生まれます。それがお互いの仕事やプライベートにおいても良い影響が及び、あなたの喜びとして返ってくることでしょう。

・感性を磨く(見る力・聴く力・受け取る力)ワーク
・「ありがとう」を伝える言葉のバリエーションを増やすワーク
・感謝する「人」「出来事」「環境」を増やすワーク
・辛い出来事にも感謝する あなたは、一日何回「ありがとう」を言っていますか?

 

【講師プロフィール】
温品 富美子(ぬくしな ふみこ)
有限会社ケイ・アンド・ワイ 人材育成部門主任講師 (http://ykandy.com/)
日本コーチ協会山口チャプター 代表  (http://ycoachnet.exblog.jp/)
金融機関で8年間勤務した後、平成5年、元アナウンサーが代表を務め、言葉の選び方や表現力をテーマに独自のプログラムで各種企業研修・人材育成研修を企画、実施している、有限会社ケイ・アンド・ワイに入社。接遇マナー・ビジネスマナー・コミュニケーション能力開発の研修講師として官公庁・企業・病院・福祉施設・学校等で研修・講演会を実施。平成14年より、Coach 21 プロコーチ養成プログラム受講。コミュニケーションスキル・マネージメントスキルトレーニングの手法を習得し、個人コーチング・グループコーチング及びコーチング研修を手掛ける。

【資格】
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
ヘルスコーチジャパン認定ヘルスコーチ
メンタルケアアドバイザー初級教育カウンセラー