【テーマ】コーチ脳を活性化する
【講師】森川 里美氏

4月2日(日)、スペシャル勉強会の報告です。
穏やかな声、軽やかな語り口、小気味よいコメント。春の風のように森川里美コーチが福岡での勉強会を駆け抜けていきました。森川コーチに会いたくてと、九州各地から、遠く関西からの参加も。総勢64名、教室いっぱいに刺激と笑いの溢れた4時間半でした。

テーマは「コーチ脳を活性化する」。
コーチングエクササイズを通して、参加者や森川コーチの発想、考えを共有しました。それぞれに数多くの視点やアイデアを持ち帰ることができたのではないでしょうか?それらの中から、2つのエクササイズをレポートします。

一つは、写真を使ったコーチング。
雑誌の中から、コーチングを受ける(勉強する)前の自分・今の自分・将来の自分をあらわす写真を選びます。その絵が現しているのものを、話しながらコーチングセッションを進めていきます。写真を見ながら、直感、感覚、感情といった、瞬間に感じるものをつかみます。選んだ写真が表すものを言葉にしていくと、会話だけで進めるよりもずっと短い時間で、過去、現在、未来の自分のキーワードが浮かび上がりました。森川コーチは電話のコーチングセッションで、お互い同じ雑誌を準備してすることがあるのだそうです。

そしてもう一つは、ケーススタディー。
フルタイムで仕事をしている主婦がクライアント。必死に仕事、家事をこなしている中、子供ともっと一緒にいてあげなさい、と言われている状況。このクライアントにどのようなコーチングをしていくかを、戦略を立てる。

例えば、
重たくなっているクライアントにはペーシングしすぎないで、クライアントを軽くすること
・・・「全部やめようよ。」と提案する。
頭の切り替えをさせために、体を動かさせる。
・・・電話を置かせてその場でジャンプさせる。
・・・ぐるっと一周スキップをさせる。
(スキップしながら人は悪いこと考えられない。)

重たくなっているクライアントを軽くするために、会話だけでなく、体も使わせる。しかも電話口で!そして、時にはクライアントを押してみたり、蹴ってみたり。皆さんも、試してみませんか?
森川コーチに多くの刺激をいただき、終了時にはすっかり脳が活性していたスペシャル勉強会でした。
次回は定例勉強会4月22日(土)の開催です。
最上輝未子コーチによるアクションラーニング、どうぞお楽しみに。

(福岡支部運営委員/荻原 聖子)