【テーマ】明日のコーチング、~広げよう、深めよう、身につけよう~
「あなたと決める!JCA福岡支部第7期勉強会のテーマ」
【講師】鮫島 宗哉氏

9月22日(土)の定例勉強会のテーマは「来期の勉強会はどんなテーマにするか」ということを参加者で考えるということでした。参加者は最近で最も少なく13名で、内7名が運営委員でした。ファシリテータは支部長の鮫島さんでしたが、長年ファシリテーションを勉強されており、そのやり方は流石だなと思いました。

uid000001_201212171156070ecafa0f

今回は参加者が少ないので、最初に全員が自己紹介をしました。名前、ニックネーム、所属、ここにいる理由、9月といえば何?を発表し場が和みました。

その後、ワークを4つ行いました。

(ワーク1)
ペアになって、『迷っていること』を話し合う。

(ワーク2)
別の人とペアで「コーチングって何?と聞かれたらなんと答えるか」を話し合う。

(ワーク3)
4人グループを作り、「コーチングとは」についてグループでまとめる。

(ワーク4)
同じグループで来期の支部勉強会のテーマを話し合う。「この1年で福岡支部として学びたいこと」

(ワーク1)のペアを決めるのに、全員が生年月日順に並び隣の人とペアになりました。みんなが立ってワイワイ誕生日を確認して並びます。ペアで話し合った後みんなで発表してシェアしましたが、多かったのがクライアントに関することでした。私が面白いと思ったのが、男性のIさんが言ったことです。「早朝のセッションで、クライアントは部屋の壁が薄く隣に聞こえるので外の公園から電話してきた。自分は室内にいたのでとても違和感を感じた。そこで次は自分が外でクライアントが室内などやってみた」と言いました。外から電話すると、いろんな音を拾って雑音が入りますからね。私の経験ではCTPで駅のホームから電話した人がいましたが、電車の音や雑踏の音がすごく到底勉強できる環境ではなく、クラスコーチが丁寧に断りました。

また、(ワーク2)のペアは手の大きさ(手のひらから指まで)で決めました。私は13名中小さいほうから3番目だったのですが、そんなに小さいとは思いませんでした。みんな自分の手のひらが小さいことや大きいことに意外だなという顔をしていました。眺めて見た結果として手のひらの大きさは男女は関係なく、大体身長に比例しているようです。(ワーク2)ではたくさん意見が出ました。これはコーチングをやっている人が一番悩んでいることだと思いますので、ここに全部挙げてみます。

● 人生のコーチ
● 自分で考え自分で行動する力をつける会話の技術
● カウンセリングとコンサルの間
● 人材育成の方法の一つ
● なりたい自分になるためのサポート
● 会話によって“やる気”“継続力”などを引き出す
● 目標設定請負人
● 自己基盤を整える
● あなたという人材を以下に料理するか戦略を立てる人
● “寄せて上げる”?目標に向かってあなたのエネルギーを集中させる
● 見通しをつけるサポートをする
● 夢を叶える手伝い
● 気づきを引き出す
● 目標達成や問題解決の手段の中の一つ

いかがですか?人に説明する自分にぴったりのものがありましたか?

(ワーク3)はグループを3つに分けるのに、3種類の飴を用意し各人が好きなものを取りそれで3グループに分けました。私たちは4人のうち3人が運営委員で一人だけ参加者の方がおられました。「コーチングとは」をグループでまとめるということで話し合いましたが、3グループの結果は次のとおりです。

● 1.「あなたの人生をもっと美味しくする手法」
● 2.「カウンセリングとコンサルティングの間
(いいとこ取り)」
● 3.「願望 目的 人生 主人公 本当(キーワード)」

uid000001_20121217115740b618a9f7

(ワーク4)は同じグループで、来期の支部勉強会はどんなことをやりたいかを話し合いました。私たちのグループは何故かテンポ良く進むのでタイプを調べたら、全員が『アナラーザー』『コントローラー』のアナ・コンチームでした♪多分結論を先に言う『コントローラー』が強く出たのでしょう。3つのチームが話し合った結果を模造紙に大きなポストイットを貼って説明をしました。その後、全員が5つの小さい赤い丸を持ち、自分が受けてみたいテーマにペタペタ張りました。そのベスト6が次のテーマです。

uid000001_201212171157590133ae5b

(1)他支部との交流
これがもっとも人気があったのですが、勉強会の後の懇親会をやろうという意見も含まれています。熊本支部が最近出来たので、いつか熊本支部と合同で1泊の勉強会を阿蘇でやろうという意見が出て「やろうやろう」と『勉強,温泉,宴会』好きな我々は盛り上がりました♪

(2)コーチ協会主催の企業とコーチとの出会いの場を作る
信頼できる日本コーチ協会福岡支部が主催することで企業も安心して参加できるし、企業と普段縁のないコーチの役に立つということでこれが2番目に多い意見でした。

(3)直感の訓練
これは以前も行ったとのことですが、CTIから誰か来てもらってやったらどうかという意見が出ました。

(4)ケーススタディで戦略を学ぶ
11月のスペシャルで片山正人さんに来ていただくことになっているので、片山さんにやってもらおうということになりました。

(5)関連領域の紹介
これはコーチングに関連する領域の紹介で、最上さんが紹介だけなら出来ますと言われたので最上さんにやってもらうことになりました。

(6)コーチングを広める
これについては、福岡支部ではメーリングリストやHP運営によりやっている。また熊本支部が11月にフォーラムでかなりの人を集める。まずは熊本支部でやってもらって、必要であれば福岡支部も考えるという、「人のふんどしで相撲をとる」という結果になりました(笑)。

鮫島さんは参加人数が少ない場合は少ないなりのやり方で楽しく出来ると言われましたが、その通りだと思いました。少人数での楽しいワークになりました。
(福岡支部運営委員/岩下じゅんいち)