■ 日 時 : 2008年08月24日(日) 13:30 から17:00 まで

■ テーマ : 『ワールド・カフェで、コーチングを語ろう』

■ 講 師 : 鮫島 宗哉(さめじま むねや)、 待鳥 良邦(まちどり よしくに)

■ お持ちいただくもの : 参加費、筆記用具

■ 会 場 : アクロス福岡
福岡市中央区天神1丁目1-1

—– 勉強会の成果を共有するための試み ——
■  プチ懇親会 : 勉強会後近くのカフェでプチ懇親会(1時間程度)を行います。
参加費は各自で注文するドリンク代です。

 

<内容>
「コーチングについて、日々思っていること、感じていることを自由に駄弁りましょ!」コーチングについて、自由に話しましょう! 会議中よりむしろ後の飲み会などで、アイデアや気付きが生まれることがありますね。今回ご紹介する「ワールドカフェ」は、それを会議の形式でやってみる手法です。各人が思い思いにグループを作り、自由に語ることで発想が膨らみ、創造性が発揮されるような会話にならないだろうか?、全員が参加できて、終わったとき、新しい何かをみつけられるとこれからのコーチングの勉強がもっと楽しく、大切なものになるのではと思います。
8月の勉強会は、アメリカのA・ブラウンとD・アイザックスによって1995年に開発・提唱された「ワールドカフェ」という方法を紹介し勉強会を行います。皆様も「ワールドカフェ」で、コーチングを語りませんか?

<講師紹介 >
鮫島 宗哉(さめじま むねや)
株式会社 鮫島宗哉事務所代表、東京都出身。慶応義塾大学商学部卒。1971年、北海道放送にアナウンサーとして入社、74年に博報堂へ転身。アカウントディレクターとして、企業のコミュニケーション活動の1から10までを幅広く業務。2003年早期退職し、コーチ、ファシリテーター、ナレーター、マーケティングアドバイザーとして業務している。九州各地、広島、東京、北海道などの国・地方行政、教育機関、企業、中小企業、大学校、コミュニティスクールなどでの研修機会も多い。
・日本コーチ協会福岡支部 支部長
・日本プロコーチ認定評議会 アソシエートコーチ
・NPO日本ファシリテーション協会 九州支部運営委員

待鳥 良邦(まちどり よしくに)
1955年 福岡県生まれ。学生時代から様々なアルバイトや経験を積み、学生時代に結婚。大学卒業後メーカーの営業を経験、妻と退職後、ヨーロッパ、エジプト、インド亜大陸の旅へ。帰国後も自営業や、自然食店や東洋医学的な仕事を経験、失敗や成功を繰り返す。異色のキャリアで得た様々な経験と研究で、本質的なコーチングの可能性に期待をしています。2003年にコーチングに出会う。コーチ21で学ぶ。 コーチングの中に含まれる心理学、経営学、ニューエイジ思想、カウンセリング自己啓発、成人学習などについて、ホリスティック(全体的)な観点でクライアントの方にも接している。
・コーチングアート研究所代表、コーチ21のCTPのクラスコーチ、
・日本コーチ協会福岡支部運営委員
・専門学校ではコーチング、コミュニケーションスキルの授業を担当
・エニアグラム リソ&ハドソン式 トレーニング Part1 心の精神構造 終了